ありがとう

生きているからいつでも会える

でも、突然の別れに いつも後悔する

写真のあなたは微笑んでいるけど

いったいどれだけ

私はあなたの思い出に残っていたのだろう

今まで出会えて良かったと思えた人たちの中に

私ははいっていただろうか


生きていると思えばこそ

なぜ人は会いに行けないんだろう

声を掛けられないんだろう


あなたにとって

私はどんな存在だったか

今となっては分からないけれど

あなたとつかの間でも一緒に過ごせたことを

幸せに思う

あなたから声を掛けてくれたことが

こんなにも嬉しく思う

美しい

宝物の日々・・・








[PR]
Commented by kawamuko at 2018-02-01 20:45
切ないけど、美しい言葉ですね・・・
大切な方とお別れがあったのでしょうか・・・
昨日の皆既月食とブルームーンは、次に観られるのは19年後と聞いて、若い頃ならふ~んと聞いてましたが、今は、その頃に自分は生きてるだろうかとか、あの人と一緒にいられるだろうかとか考えてしまいます。
Commented by johgo-009 at 2018-02-02 18:45
> kawamukoさん
結婚して何年かしたころ、茨城で行われた60年に一度の大祭を夫婦で観に行ったことがありました。
完全に2回は観られないんですが、やっぱり感慨深いものがありました。
前回のお祭りの記録や写真を見て、昔の人達の心に想いを馳せたりして・・・。
Commented by johgo-009 at 2018-02-02 18:59
失礼!
72年に一度でした。
Commented by kawamuko at 2018-02-02 21:16
72年に一度!
それは由緒あるお祭りですね。
日本人の平均寿命が80歳代ですから、小学生の時見たらようやく2回目が観られる可能性があるということですね・・・!
Commented by johgo-009 at 2018-02-03 19:01
> kawamukoさん
そうですね!小さな子供に見せれば2回見られるわけですね。
by johgo-009 | 2018-01-31 22:04 | ひとりごと | Comments(5)

家族全員歯型付き、おバカだけど憎めない「しし」の物語


by じょうご