Show me your SHIMOTUKARE!!

昨日、妻の職場の方から「しもつかれ」を頂きました。
さっそく味見させて頂くと・・・、
一口入れてすぐに「あれっ?しょっぱいかな」と思う間もなく、すぐに大根の甘みと鮭のダシがスーッとそれを打ち消してくれる。
そしてコクが残る。
素晴らしい出来です。
豆が入っていない代わりに、酒かすがコクを出しているようです。
その職場の方は元々は長野出身だそうですが、栃木に嫁にきて何十年、すっかり栃木の郷土色を継承されています。
「しもつかれ」みたいな料理って、長野では考えられないそうです。

「しもつかれ」はご近所に配ったり配られたりして、いろんな家庭の味が楽しめる独特の郷土色です。
使える材料は限られていて味付けも食材の味だけなのに、作り方や材料の配分で十人十色の味がします。
まるで地域のクッキングバトルです。
最近は「しもつかれ」作っていなかったうちの妻も、今回頂いたことでまた作る気になってきました。
「三日後、あたしも作るからね!」と力強く宣言しました。

[PR]
by johgo-009 | 2017-02-07 08:48 | 那須の自然

家族全員歯型付き、おバカだけど憎めない「しし」の物語


by じょうご