節分

今日は節分ということで、久しぶりに嫁さんが「しもつかれ」に挑戦!
嫁さんが圧力鍋で鮭の頭を煮ている間に、人参と大根を鬼下ろしでするようにと指令有り。
ボールの上に鬼下ろしを置いてザクザクと荒く下ろしていく。
馴れない作業でボールも鬼下ろしも小さいせいか、周りの床や壁に大根と人参が飛び散って杉ちゃんのワイルドだぜ~状態に。
次は炒った大豆の皮むき。
これがなかなか剥けない。
新聞の上でころころ押し付けて、一個一個剥いてく地道な作業。
やっと一掴みくらいの豆が剥けたところで時間切れで、鍋に投入。
気になる味は、塩分控えめで結構美味しいと思う。
昔はがっつり塩で固めた新巻鮭の残った部分で作ったのだが、今はしもつかれ用に鮭の頭をスーパーで買ってくる。
それでも、俺が子供の頃親戚の家で食べた「しもつかれ」は味がしなくて、びちゃびちゃと水っぽい感じがしてあまり美味しいとは思わなかった。
でも最近は道の駅で出されるのを食べてみると、ダシや味がしっかりしてコクがあり、結構美味しいので驚いた。
しもつかれが美味しいと感じる年になったということもあるのだろうが・・・。

家の中と周りを豆まきしたが、この年になって「鬼は~外」と大きな声でやるのは恥ずかしいな~。
[PR]
Commented by kawamuko at 2013-02-04 11:36
しもつかれって聞いたことがなかったので、
ググッてみたのですが、伝統的な郷土料理
なのですね。
手剥きの大豆入りって、なんかすごく贅沢ですね~。

鬼おろしは、やっぱり男性の仕事ですよね笑
とろろ芋なんかも、力のある男性にすってもらった方が、
ふわっとして美味しいです
Commented by johgo-009 at 2013-02-04 15:27
とろろいもは自然薯がよく売ってます。山で掘ってくるのが好きなひとがいて、そういう人から貰ってきたほんとの天然物は粘りがあっておいしいです。やっぱすり鉢で下ろすのが一番!
箸でつまむと固まって落ちないほどしっかりしてます。
by johgo-009 | 2013-02-03 21:23 | ひとりごと | Comments(2)

家族全員歯型付き、おバカだけど憎めない「しし」の物語


by じょうご