栃木県矢板市の最終処分場候補地

突然の決定にびっくりした。
あの辺はりんご農家も近いし、県民の森もあって自然豊なところだ。
ダムもいくつかあって、嫁さんと付き合ってた頃の思い出の場所もすぐ近くにあるので、なんか複雑な心境だ。
痛みはみんなで分かち合うことは必要だと思うが、山奥=きれいな水源の傍=命の源という図式になるのは当然だろう。
何がクリアーなエネルギーなんだろう。
事故が無くたって、使い終わった燃料は地下に貯めるようなんだし。
せめて水源地からは遠いところに出来ないのか・・・。
[PR]
by johgo-009 | 2012-09-04 23:31 | ひとりごと

家族全員歯型付き、おバカだけど憎めない「しし」の物語


by じょうご