諦めと諦めないの繰り返し。

その利用者様にどう支援していきたいか、笑顔になってもらうにはどんなことがしたいか、どんな行事をして、楽しんでもらいたいか。
計画を立てても、実際にはその100%を実施できるかと言うとなかなか出来ない。
利用者様の体調、ご家族の理解、家庭の問題、金銭面、施設の予算、職員の考えの相違、責任問題、その他いろいろの課題をクリアーしなければならない。
100パーを諦めては、次の50パーを考える。
それがダメでも、妥協して30パー。
いや、10パー、それでもダメならせめて1パーセントでも実現できるよう考える。
なんでもいいから実績を作る。
新しい施設などは特にそう考える。
もちろん、利用者様主体で、体に無理がないように。
諦める勇気と諦めない覚悟!その繰り返しをやってきたような気がする。
介護は理想ではやっていけない?
そう、やらなければ理想のままだろう。
でも、なんとかみんなで頑張って実現した時、もう、絵空事ではなくなる。
誰かが・・・では動かない。
自分達がどうしたいのか!
ただ、それだけだと思う。
[PR]
by johgo-009 | 2012-03-25 23:50 | 泣き虫ケアワーカー | Comments(0)

家族全員歯型付き、おバカだけど憎めない「しし」の物語


by じょうご