山のバス停

沢田聖子さんの「ミモザの下で」と言う歌がある。
その中に、「山のバス停」が出てくるのだが、何年か前にそのイメージに近い山の中のバス停を偶然見たことがあった。
最近、その風景が頭の中にぼんやりと浮かぶ日が続いたので、デジかめ持って行ってみた。
たぶんここだったはず~っと現場に着いたが、なんか周りがすっきりして広々となってしまって・・・。
イメージとは違っていた。
多少は変わったのだろうけど、当時の楽しかった心境も影響してか、月日が経つうちに、たぶん自分の心の中で勝手にイメージが出来上がってしまったのだろう。
まっ、よくあることだ。

ちょっぴりがっかりしながら、車からは降りずにそのまま来た道とは違う道を通って帰った。
途中良い風景があったのだが「後で撮りに来よう」と通り過ぎた。
昔のカメラじゃないんだから、フィルムの現像代なんか気にせずバシバシ撮ればいいのに、なんか億劫になってしまってる。
光の色は同じとは限らないから、次に来た時に気に入った写真が撮れるとは限らないのに。
今日の夕方の空の色は荒廃した感じがして、結構好きな雰囲気だった。
[PR]
by johgo-009 | 2012-03-06 19:03 | 女性アーティスト | Comments(0)

家族全員歯型付き、おバカだけど憎めない「しし」の物語


by じょうご