タイム・スリップ!

白河に向かう途中にチョコレート工場があるので久しぶりに立ち寄った。
ここには駄菓子屋さんが復刻されているので、ついでに寄ってみた。
しばらく前に来た時は駄菓子だけだったが、おもちゃやグッズもいっぱい増えていた。
よく出来たレプリカだなぁ~と思ってよくよく観てみたら、なんと本物だった。
店主が東京の問屋さんで探し回って仕入れたそうだ。
色つきのちっちゃな虫眼鏡とか、真鍮みたいなので出来た小さな笛(プレスしたのを2枚組み合わせたもの)とか、プラスチックのアメリカンクラッカー(連続で鳴らすと衝撃で砕け散るので注意)、サリーちゃんの腕時計、ヤダモン、エイトマンの大きなソフビ人形、さるとびえっちゃん、宇宙パトロール・ホッパだったか?のアルミの弁当箱、懐かしい少女の塗り絵ノートなどなど。
子供の頃自分が実際に遊んだ物はもちろん、その上の年代の物や、こんなのあったかなというキャラクターグッズもあった。たぶん田舎の駄菓子やには、キャラクターのおもちゃってあんまり無かったと思う。高くて子供には買えなかった。せいぜい10円か20円のガムを買って、券を集めて送ると、ちょっとした景品が来るぐらいだった。俺の少し下の世代からかな、仮面ライダーの変身ベルトとかお店で売り始めたのは。でも簡単には買えなかったな。

店内を見回すと面白いものを見つけた。ブリキで出来たカレンダーのような物なんだけど、おそ松くんらしき顔が書かれている。その背景にはイヤミらしき人物も。
おそらくおそ松くんなんだろうけど、目がまん丸で、なんか違うんだな~。
お店のだんなさんも「昔は著作権とかうるさくなかったんでしょうね~」と笑っていた。逆に貴重品かも。

というわけで、全部買うわけにはいかなかったので、めんこ(地元ではめんちと言っていた)を買った。

e0175963_22212030.jpg

結構安くしてくれた。また行こうっと!
[PR]
by johgo-009 | 2012-02-12 22:24 | ドライブ | Comments(0)

家族全員歯型付き、おバカだけど憎めない「しし」の物語


by じょうご